28年度 第3回理事会開催結果のご報告

~~ 28年度 第3回理事会開催結果のご報告 ~~

(上半期事業報告等、監査実施報告含む)

 

開催日時:平成28年11月11日(金)13:00~

 開催場所:日本盲人福祉センター 2F研修室(B・C)

 出席役員:代表理事を含む理事16名中13名の出席、監事2名出席。理事会は定款に則り成立。

 議  事:第1号議案 平成28年度上半期事業報告等

      第2号議案 その他

        1.全国8ブロック(30地区)体制の承認の件

        2.日マ会新ロゴマーク承認の件

        3.今後の事務局体制について

        4.地方研修会の助成金について

        5.会員の福利厚生制度の充実

         (平成29年1月から低保険料による掛け捨て新医療保険Aプランを提供する。)

 

 

理事会開催に先立ち10時30分より監査会を実施。

 監査人として山口監事、田辺監事、立会人として野本副会長、高橋事務局長が説明等に携わり実施された。監査結果として、田辺監査人より「事業報告書及び計算書類並びにこれらの付属明細書類」について精査した結果、一部に指摘事項があるも概ね適正に処理されているとの報告があった。

 

13:00より理事会が開催され、以下の概要が報告・協議された。

第1号議案

平成28年度上半期事業報告等について、高橋事務局長より以下の報告がされ、出席理事全員の承認が得られた。

 

Ⅰ.事業状況

1.会員状況報告

1)正会員数:1,470名(入会:115名、退会: 62名)

2)賛助会員:   90名

2.健康保険療養費支給申請制度の普及・推進を図る事業の報告

1)保険部会員は215人

2)療養費支給申請代行取扱件数及び事務手数料収入は

取扱件数:6,454件

支給決定金額 99,426,162円

(前年同期91,598,755円)前年比 108.5%。

取扱事務手数料収入:3,909,896円

3)療養費支給申請書内容審査状況(平成28年度上半期)

支給申請書の審査件数:6,384件、返戻件数35件、返戻率0.55%

3.会員の福利厚生に資する事業では、上半期に取り扱った賠償責任保険額の実績は

1)保険料払込み金額:13,121,578円

2)取扱い事務手数料: 1,506352円

 

Ⅱ.収支概況

 

Ⅲ.会議等の状況

【内部会議】

1.総務・会計委員会

1)通常総会 平成28年5月29日(日)

2)正副会長会議 平成28年5月11日(水)

3)理事会 臨時理事会を含め都合3回開催

4)監査 平成28年5月11日(水)開催

5)業務執行委員会 都合2回開催

6)公益法人推進会議 都合4回開催

7)日マ会改進会議 都合3回開催

2.広報委員会(日マ新報発行・HPの更新)

1)4月6日(水)以降 都合8回開催

3.学術委員会

1)4月5日(火)以降 都合9回開催

【外部会議】

1.4団体長会議 4月27日(火)以降都合11回の会議に出席

2.実務者会議 4月13日(水)以降都合14回の会議に出席

3.療養費専門検討委員会 7月7日(木)以降都合5回の会議に出席

4.あはき等法推進協議会 4月15日(金)以降都合3回の会議に出席

5.マッサージ等将来研究会(生涯・教育部会)5月14日(土)以降

都合3回の会議に出席

6.生涯研修検討委員会 7月6日(水)以降都合2回の会議に出席

7.マッサージ等将来研究会(普及啓発部会) 6月18日(土)以降

都合2回の会議に出席

8.(公財)東洋療法研修試験財団 6月8日(水)の会議に出席

9.医療関連職種21団体協議会 6月29日(水)の会議に出席

10.国際医療技術財団 7月13日(水)の会議に出席

11.鍼灸マッサージを考える会(議連)8月24日(水)の会議に出席

12.東洋療法推進大会 9月22日(木)の会議に出席

 

 

第2号議案(その他)について

下記事項目等について協議し、出席理事全員の承認が得られた。

1.組織基盤強化と地方組織の活性化策として、全国を8ブロック30地域分けを実施する。

 

 

13.ブロック分、地域分け一覧20161206.pdf

 

 

2.下記標章(案)を日マ会の標章(ロゴマーク)として正規に設定し使用する。

 

 

02.日マ会標章決定第7案20161104.pdf

 

3.今後の事務局体制について

現在の事務局長である「高橋専務理事」が、11月をもって定年退職となるため、後任に療養費支給申請関係の事務を担当している「大坪満子」が事務局長として就任する。

尚、高橋事務局長は長きに亘って事務局を統括し、本会の発展と会務充実にご尽力を戴いてまいりました。

今後、新たな職員の採用・引継ぎ等々があり、新体制への移行には多少の時間を要します。又、高橋事務局長は本会の理事に就任しておられますので、今後とも本会の発展にご尽力いただける事と確信しております。

あはき師と無資格者との判別

入会のご案内

日本マッサージ新報

事業予定

情報公開

寄付金について

受領委任制度について

お問い合わせフォーム