平成28年度中国ブロック三療研修会のご報告

広島県視覚障害者団体連合会並びに広島市視覚障害者福祉協会は、中国ブロック三療研修会の代表者会議を平成28年11月26日(土)に、三療研修会を27日(日)に、広島市心身障害者福祉センターにおいて、日本あん摩マッサージ指圧師会並びに日本盲人会連合あはき協議会の後援のもとに開催しました。

11月26日(土)の代表者会議には、中国ブロックの各県あん摩マッサージ指圧師会及び各県・広島市視覚障害者関係団体から20名の役員等の参加があり、熱心に議論が展開されました。

(公社)日本あん摩マッサージ指圧師会の安田和正会長からは、中央情勢等について講演をいただき、三療事業を活発に展開していくためには、各ブロックにおいて組織づくりを活発に行い、会員の拡大を図ることが重要である旨の説明がありました。

 

相川貴裕先生より実技指導を受ける参加者

 

(社福)日本盲人会連合あはき協議会の小川幹雄会長からは、11月9日に大阪地裁において行われた「あはき法第19条訴訟の第2回口頭弁論」の経過報告と、来年の1月12日の大阪地裁での第3回口頭弁論にも、視覚障害者関係団体から多数の参加を要請されました。

11月27日(日)には、「動かしながらの手技療法」をテーマに、学校法人朝日医療学園の相川貴裕先生を講師に迎え、中国ブロックから参加の30名の受講者に対して、講演と実技の講習が実施されました。

県立世羅高校陸上部のスポーツトレーナー等の経験も生かした講習が実施され、参加者全員が講師の指導のもとに実技を繰り返し実施するなど、有意義な三療研修を実施することができました。

あはき師と無資格者との判別

入会のご案内

日本マッサージ新報

事業予定

情報公開

寄付金について

受領委任制度について

お問い合わせフォーム