あん摩師等法19条訴訟 大阪高等裁判所

あはき19条裁判の大阪高裁での控訴審、判決は7月9日(金)11時から、同裁判所202号法廷において永井裕之裁判長のもと、開廷された結果、「本件は棄却する。尚、裁判費用は控訴審が負担するものとする。」と言い渡され終了しました。傍聴席は新型コロナウイルス感染拡大防止の立場から36席に制限されました。会場には約100名の関係者(日本視覚障害者団体連合(旧日盲連)近畿・中国の各ブロック、
日本あん摩マッサージ指圧師会、日本理療科教員連盟、全日本視覚障害者協議会、
全日本鍼灸マッサージ師会等の視覚障害当事者)が集まり、終了後近くのビルで報告集会が開かれ、いよいよ最高裁に向けて決起しました。

あはき師と無資格者との判別

入会のご案内

日本マッサージ新報

事業予定

情報公開

寄付金について

受領委任制度について

お問い合わせフォーム