第29回 九盲連あはき研修会開催のご報告

平成28年10月1日・2日の2日間に亘って、主催:九州盲人会連合、(社福)沖縄県視覚障害者福祉協会、共催:(公財)東洋療法研修試験財団、後援:(社福)日本盲人会連合、(公社)日本あん摩マッサージ指圧師会、(社福)沖縄県社会福祉協議会、(一社)沖縄県はり・きゅう・マッサージ師会、沖縄県立沖縄盲学校による第29回『九盲連あはき研修会』が開催されました。

開催初日は、日盲連あはき協議会副会長 糸数三男氏による「あはきの現状と今後の課題」、豊平はりきゅうマッサージ 豊平朝清氏の「沖縄県あはき師会戦前・戦後のあゆみ」の講演があり、夕刻よりは懇親会が開催され親睦を深めました。  2日目は、筑波技術大学保健学科教授 藤井亮輔氏による「慢性膝痛に対するモビライゼーションとマッサージの複合治療」の講演と、それらの治療法について会場内で実技指導が行われました。

この研修会には53名と大勢の会員の方々が参加されました。

今後も、開催目的の一つである、「資質の向上と国民の健康保持増進」を推進するため、大いに躍進して戴きたく思います。

尚、講演に関する詳細並びに資料等については、以下の大会事務局迄までお問い合わせください。

 

                                                  (社福)沖縄県視覚障害者福祉協会

                                                                       沖縄県那覇市松尾2-15-29 沖縄点字図書館内

                                                                       電話:098-863-2997

 

 

講演1:糸数先生による
「あはきの現状と今後の課題」

講演2:豊平先生による
「沖縄県あはき師会戦前・
戦後のあゆみ」 沖縄県

 

 

講演3:藤井先生による
「慢性膝痛に対する複合治療に
ついて」

藤井先生による
「慢性膝痛に対する治療の実技指導」